北朝鮮当局は若者、とりわけ30代に対する思想統制を強化していると政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えている。若者から金正恩第一書記が「軽く見られている」ことが理由だという。

金正恩李雪主平壌国際空港
平壌国際空港を視察する金正恩氏と李雪主夫人(参考写真)

平安北道(ピョンアンブクト)のRFAの内部情報筋によると、当局は「過渡期世代」と呼ばれる30代、つまり金正恩氏と同年代の若者に対して、徹底した思想教育を施すようにと繰り返し強調している。

当局は各機関、工場、企業所に「組織生活検閲隊」を作り、30代の従業員を対象に思想教育、思想検証を厳しく行い、問題のある者は保安署(警察)に引き渡して法的に罰を受けさせるという徹底ぶりだ。

慈江道(チャガンド)の情報筋も、労働党創建70周年を前にして、司法機関が「社会犯罪の根絶のために100日戦闘」を繰り広げると同時に、中央青年同盟や中央職業総同盟に対する検査も行われていると伝えた。

慈江道の満浦(マンポ)市では、検閲隊員たちが「党の唯一思想体制確立の10大原則」を覚えられなかったり、仕事もせずにぶらぶらしている若者たち数十人を引っ立てて、思想闘争会議を開き、仕事をする意志のない者は保安署(警察)に引き渡したという。

北朝鮮当局が、とりわけ若者に対して思想統制を強化するのは、平壌で起きたある事件がきっかけだった。

幹部を親に持つ若者たちが、次のように金正恩氏を遠回しに批判した。

「俺達と同い年のやつ(金正恩氏)が、まともに政治ができるわけない」

この発言が明るみに出て、大問題になった。事件の噂は、既に住民たちに広く広まっているが、学生たちが具体的にいつどこでどのような話をしたかなど詳細は不明だ。しかし、最近の若者は金正恩氏を「チェスオプタ」などと、露骨な表現を使って批判するという。

「チェスオプタ」とは本来は、「アンラッキー」「いまいましい」と言う意味だが、韓国では「チョームカつく」という意味合いで使われる言葉だ。韓流ドラマのなかで使われていた表現が、北朝鮮の若者に広まったことは容易に想像がつく。

また、平壌のある60代女性は、派手なモダンなファッションで金正恩氏に寄り添う李雪主(リ・ソルチュ)氏に対して「チェスオプタ」という表現で非難する。この場合は「はしたない」といったところか。

金日成、金正日時代は、指導者に対する非難など考えられなかった北朝鮮。しかし、「金正恩、チョームカつく」と軽口を叩くように、最高尊厳(金日成、正日、正恩)に対する北朝鮮の「イマドキ若者」たちの考え方も随分と変わっているようだ。

【関連記事】
金正恩センスの制服をボロクソにけなす北朝鮮の高校生
「粛清されないから」と医師を目指す北朝鮮の若者
タトゥー大流行で取締に乗り出した北朝鮮

    関連記事