イランとの核協議が、最終合意に達したことから、北朝鮮の核問題に国際社会の注目が集まっているが、北朝鮮は「核開発を続ける」という意思を改めて示した。

北朝鮮の宣伝用ウェブサイト「わが民族同士」は、「いつになれば馬鹿げた夢から目覚めるのか」と題した記事で、「米国が我が国を脅かし、朝鮮半島で核戦争を起こすために執拗に策動を企てている」「核放棄や非核化など寝言のようなことをいつまでほざいているのか」と米国を非難した。

続けて、次のように主張しながら核開発を継続すると明言。

「このような状況ではやむを得ず自衛のための核抑止力を保有せざるを得ない」

「一方的に押し付けられた『非核化』などない。朝鮮半島と全世界の非核化が実現し、核戦争の危険がなくなるまでは、自衛的核抑止力を強化し続ける」

また、「我が国の無慈悲な打撃で米国、かいらい一味(韓国)などの核狂信徒どもは、残酷な破滅を逃れられない」などと警告した。

【関連記事】
イラン核問題に北朝鮮「米国の圧力に屈しない」
北朝鮮が「非核化」断固拒否

    関連記事