中国企業が北朝鮮企業と合弁で工場を設立し、トラックの「ノックダウン生産(主要部品を輸入して北朝鮮で組み立てる方式)」に乗り出した。

中国と北朝鮮が合弁で設立したトラック工場を視察する中国の李進軍駐朝鮮大使。(画像:駐朝中国大使館ホームページ)
中国と北朝鮮が合弁で設立したトラック工場を視察する中国の李進軍駐朝鮮大使。(画像:駐朝中国大使館ホームページ)

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国遼寧省の「資参堂実業集団」と北朝鮮の「鷹揚貿易会社」が合弁で設立した「金平合営会社」がトラックのノックダウン生産を始めた。

新華社通信によると、中国側は1136万ユーロ(約15億円)を投資。割合は中国7:北朝鮮3で、中国側は資金、建物、設備などを用意し、北朝鮮側は、土地を用意する。契約は去年3月に取り交わされ、経営期間は25年だ。

工場は、平壌市内の力浦(リョッポ)区域の紹新(ソシン)1洞に建てられ、「金梅」ブランドで小型、中型、大型の様々な車種のトラックのノックダウン生産を始めた。生産されたトラックは、すべて北朝鮮国内で販売される。年間生産能力は2万台だが、またテスト生産の段階なので、累計生産数は295台、販売数は226台に留まっている。

在平壌の中国大使館はホームページで、李進軍大使が9日と10日に金平の工場を訪問したと明らかにした。また、天津の地吉特尔貿易有限責任公司と朝鮮食品日用品工業省との合弁会社「平壌自転車合営会社」も合わせて訪問した。こちらの会社は、2005年10月から「モランボン」「疾風」の商標で自転車を生産している

李大使の訪問は、中朝関係は悪化しているが、経済分野での協力は続けられていることを強調する意図が見られる。李大使は、視察現場で「企業の発展は中朝合弁のモデルとなり、中朝友好の新しい1ページとなる」と持ち上げた。

【関連記事】 
北朝鮮が海外投資を呼び込めないワケ
意外と高くつく北朝鮮投資 
北朝鮮に全財産を投資したい
北朝鮮携帯事業に黄信号

    関連記事