中国企業が北朝鮮企業と合弁で工場を設立し、トラックの「ノックダウン生産(主要部品を輸入して北朝鮮で組み立てる方式)」に乗り出した。

中国と北朝鮮が合弁で設立したトラック工場を視察する中国の李進軍駐朝鮮大使。(画像:駐朝中国大使館ホームページ)
中国と北朝鮮が合弁で設立したトラック工場を視察する中国の李進軍駐朝鮮大使。(画像:駐朝中国大使館ホームページ)

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国遼寧省の「資参堂実業集団」と北朝鮮の「鷹揚貿易会社」が合弁で設立した「金平合営会社」がトラックのノックダウン生産を始めた。