北朝鮮の両江道(リャンガンド)恵山(ヘサン)市で女性が崖から飛び降りて自殺を図る事件が起きた。幸い一命は取り留めたが、自殺未遂の動機を巡って、住民の間では怒りの声があがっている。

両江道のデイリーNK内部情報筋によると、事件が起きたのは先月末。市内では、労働党創建70周年を記念する建設事業が行われており、ところどころで歩道や自転車道が通れなくなっている。

女性がとった驚くべき行動

自殺未遂をしたコメ商人の女性は、販売するコメを載せたリアカーを引いて自転車道を進んでいた。ところが工事によって行く手をふさがれたため車道にはみ出た。そこに駆けつけたのが交通指揮隊の保安員(交通警察)だった。