13日の午前1時頃に北朝鮮の黄海南道(ファンへナムド)に上陸した台風9号(チャンホム)により、北朝鮮の各地で大雨が降り続いた。

朝鮮中央テレビの天気予報(画像:朝鮮中央テレビキャプチャー)
朝鮮中央テレビの天気予報(画像:朝鮮中央テレビキャプチャー)

朝鮮中央テレビは13日20時の天気予報で「台風9号の上陸で、11日から13日まで雨が振り続け、強風も吹いた」と伝えた。

同テレビによると、11日21日から13日17時までの間に咸鏡南道(ハムギョンナムド)の徳城(トクソン)に330ミリ、栄光(ヨングァン)に282ミリ、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の金策(キムチェク)と吉州(キルチュ)に266ミリ、明川(ミョンチョン)に243ミリなど、東海岸の中部、北部に大雨が降った。

平安南道(ピョンアンナムド)の安州(アンジュ)では、240ミリの降水量を記録。道別の降水量が咸鏡南道が最も多く184ミリ、次いで平安南道の133ミリ、黄海南道の118ミリ、咸鏡北道の115ミリの順で、平壌では101ミリの降水量を記録した。

台風11号(ナンカー)の間接的な影響を受け、今回、大雨の降った咸鏡南道に17日午後から、さらなる雨の予報が出ていると朝鮮中央テレビは伝えた。また、現時点で、大雨と強風による被害を伝えていないが、降水量の多さから、農地の浸水など様々な被害が出ているものと見られる。

【関連記事】
最悪の干ばつで「田植え戦闘」は80%終了?
干ばつ「大規模な食糧不足、飢餓の可能性も」

    関連記事