デパートやチェーン系カフェ、ユニクロやZARAなどのショップが立ち並ぶなか、時おり年季が入った韓屋(伝統家屋)が姿をあらわす。韓国第三の都市・大邱の街並みはこぢんまりとしていながらも、どこか風情を感じさせる。

服屋、カフェ、レストランが渾然一体となった大邱市内中心部(画像:読者提供)
服屋、カフェ、レストランが渾然一体となった大邱市内中心部(画像:読者提供)

この大邱でも7月1日から19日まで、7回目となる「大邸・クィア・カルチャー・フェスティバル」が行われている。そして5日にはクィアパレードが開催される予定になっていた。

KTXの東大邱駅より地下鉄に乗り約10分。フェスティバル会場の大邱百貨店前広場にさしかかると、突然、1人の男が私に向かってトラメガ越しに叫びだした。

「お前ら同性愛者はエイズにかかって死ね!」

この顔には見覚えがある。6月9日のソウルでの「クィア・カルチャー・フェスティバル」開会式場の前でも、怒声をあげていた男だ。その隣には28日のパレードの際、妨害のために太鼓を叩く少女の前で踊っていた、韓服姿のじいさんもいる。

私が28日に購入した、東京レインボープライドとソウル・クィア・カルチャーフェスティバルのコラボTシャツを着て、腕にはレインボーカラーのバンドをしていたことから、「敵」認定をしたのだろう。

「うるせえんだよレイシスト!」