北朝鮮の外交官や貿易イルクン(職員)などの海外駐在員たちが、金正恩第一書記の恐怖政治に不安を感じて脱北する事例が増えている。

脱北行為は、時には連座制が適用され、一族郎党が収容所送りになったり山奥へ追放されるケースがあるが、高級幹部や外交官に対する厳罰措置が甘くなっているとデイリーNKの内部情報筋が伝えてきた。

「身内や親戚に脱北者がいる高級幹部や外交官の家族でも、普通に職場に通っており、労働党からの除籍や職場での降格などもなくなった」