北朝鮮で2000年以後、公開処刑された住民の数が1400人近くに及ぶという調査結果が出た。

2005年デイリーNKが入手した公開処刑動画より(資料写真)
2005年デイリーNKが入手した公開処刑動画より(資料写真)

韓国の国策研究機関である「統一研究院」が1日に発刊した「北朝鮮人権白書」によると、「2008年から2014年までの7年間で、毎年200〜250人の脱北者を対象にした聞き取り調査をベースにした結果、2000年から2014年まで公開処刑された住民の総数は、1382人と推算される」と明らかにした。

これまでの公開処刑者数を見ると、2008年は161人、2009年160人、2010年106人、2011年131人、2012年に21人、2013年に82人、2014年は5人となっている。この数字は、脱北者が直接目撃したり、伝え聞いたことを合わせた人数で「実際の数字とは異なる場合もある」と研究者側は説明。

報告書は、「教化所(刑務所にあたる)をはじめとする各種拘禁施設内での拷問・殴打などの人権侵害状況は、依然として深刻である」と報告する一方、「北朝鮮は、国際社会や外部の批判を意識して、教化所内の人権状況を多少改善させている」という証言も紹介している。

【関連記事】
北朝鮮の公開処刑、衛星写真で確認
スパイ容疑の芸術関係者を「機関銃で粉々」

    関連記事