モンゴルの石炭採掘会社が、北朝鮮の羅津(ラジン)港を通じて石炭を韓国に輸出する見通しだとロイター通信が伝えた。

中国琿春市の防川から見た北朝鮮の羅先市 ©Roman Harak
中国琿春市の防川から見た北朝鮮の羅先市 (画像:Roman Harak)

内陸国モンゴルの「シャリン・ゴル社」によると、韓国系の「モンゴル・サンモク物流」と輸送契約を既に交わし、ロシアと北朝鮮を通じて韓国に石炭を輸出するという。

ルートは、モンゴルから列車で石炭をロシア経由で北朝鮮の羅津港まで運び、貨物船に積載して韓国まで運ぶ。

シャリン・ゴル社のカリウン・デシズベグ取締役は、ブルームバーグ通信の取材に「今回の契約で30万トンの石炭を輸出することになるが、価格はまだ交渉中だ」と語った。

これ以外にも、羅津港を輸出港として利用する動きは北朝鮮の周辺諸国で活発化しつつある。

中国吉林省延辺朝鮮族自治州の琿春市からは、コンテナ38個(TEU)が羅津港を経て上海に輸送されたと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。琿春から羅津経由のルートは、これまでは主に石炭輸送に使われてきたが、今回の輸送をきっかけにコンテナ輸送も活発化すると見られる。

琿春から羅津までは直線距離でわずか82キロと非常に近い。

羅津港が、年間に取り扱える貨物可能取扱量は400万トンだ。現在3つの埠頭があるが、今後さらに3つを増設し、中国国境との間に高速道路を建設する計画がある。

【関連記事】
「売春は銃殺」命令でフーゾク大打撃
北朝鮮の「外資誘致」に投資家の反応は

    関連記事