北朝鮮の韓国に対する窓口である祖国平和統一委員会が24日、ソウルに国連北朝鮮人権事務所が開設されたことを受けて声明を発表。「われわれとあくまで対決するという露骨な宣戦布告」であると非難するとともに、韓国との関係はもはや「最後の決着が残っているだけ」とし、強硬な対応に出ることを示唆した。

同委員会はこうしたメッセージを発する際、「談話」や「代弁人声明」などの形を取ることが多い。今回の「声明」はより高いレベルで発信されたものであり、今後の北朝鮮の動向が注目される。

声明を報じた朝鮮中央通信の記事全文は次の通り。