「(統一教会は)信者らが違法な物品販売等で再三刑事摘発されている反社会的団体であり、2005年以降、悪質かつ組織的な物品販売の手口のために逮捕され有罪判決を受けた信者が40名にもなっています。そして現在も、文鮮明死後2周年式典までに100億円を献金せよなどといった集金指令がくりかえし出されて、信者を手段を選ばない資産獲得にかり立てています」(全国弁連2014年9月19日東京集会での決議書)

日本人搾取→韓国送金でも自民党は無視

こうして集められた献金は、大部分が韓国へ送られる。日頃、韓国に厳しい自民党議員あたりから遠慮のない批判が出ても良さそうなものだが、むしろ最近では、統一教会の関連団体である国際勝共連合と、山谷えり子国家公安委員長の親密ぶりがメディアで話題になった。

【関連記事】なぜか日本の「同性婚問題」に介入する韓国系宗教団体の信者たち

    関連記事