北朝鮮の人権の状況を監視する「国連北朝鮮人権事務所」が来週23日に、ソウルに開設されることが決まったと米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報じた。

VOAによると国連消息筋は、「人権事務所の開所式が23日に事務所が開設されるソウルグローバルセンターで開かれる」と語ったという。

事務所開設には、国連のザイド・フセイン人権高等弁務官が参加し、北朝鮮の人権問題が国際社会の懸案であることを示す予定とのこと。

国連北朝鮮人権事務所は、国連の北朝鮮人権調査委員会(COI)が昨年2月に発表した北朝鮮人権報告書で、北朝鮮の人権蹂躙被害者との面談や資料蓄積のためにベースとなる組織を作るべきとした勧告により開設される。

すでに職員の選抜、採用は済ませており、TwitterやFacebookのページも開設済みだ。

【関連記事】
国連が人権事務所をソウルに開設へ
「北朝鮮人権事務所」設置に北朝鮮猛反発
北朝鮮、人権事務所に「無自費な懲罰」