北朝鮮当局が中央と地方の労働党幹部学校で行っていた「チュチェの党建設理論」の教育を中止し、教材をすべて回収していると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

国境地域の党幹部向けの思想教育資料「国境沿線イルクンたちは隣国に私事旅行に行く住民たちに対する教養事業を抜け目なく行おう」
国境地域の党幹部向けの思想教育資料「国境沿線イルクンたちは隣国に私事旅行に行く住民たちに対する教養事業を抜け目なく行おう」

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の内部情報筋はRFAの取材に、各道庁所在地にある「共産大学」で教えられていた「チュチェの党建設理論」という教科が2013年からなくなったいう。

とりわけ2013年12月の張成沢氏の処刑後は、共産大学の図書館や道立図書館に党幹部だけが閲覧できる「対内用」として所蔵されていた「朝鮮労働党建設理論」「チュチェの党建設理論」などの書籍も一斉に回収。さらに、郡党学校、市党学校、共産大学を卒業した幹部を対象に、調査を行い書籍を所有していたら回収された。

張成沢氏の処刑と直接の関係は不明だが、いずれも北朝鮮国内で反体制組織の結成に悪用される余地があると判断されたようだと情報筋は分析する。

慈江道(チャガンド)の内部情報筋によると、幹部教育機関から「チュチェの党建設理論」はなくなり、代わって「国土環境保護」「コンピュータ事務知識」などの教科が教えられ、「経営実務学」「米日侵略史」などの教育が強化された。

「チュチェの党建設理論」には、組織結成と活動方法について詳しく記されている。すなわち、党の戦略から基礎組織の建設、当面した課題と最終目的、党の思想事業、組織事業、部下の党員に権限を移譲し、うまくコントロールして組織を結成し活動を行う方法などだ。

書籍が回収された背景について、情報筋は次のように語った。

「この書籍があっても今の北朝鮮社会で反体制組織を作ることは至難の業だ。本を回収したのは金正恩氏が体制の安定に自信がないために過剰反応しているようだ」(情報筋)

【関連記事】
中国旅行者に思想教育を強める北朝鮮秘密警察

    関連記事