狂気すら感じさせる同性愛反対派の抗議活動

今月28日に韓国で開催される性的マイノリティの祭典、「ソウル・クィア・パレード」。今年で15回目を迎えるが、昨年から宗教団体や極右団体により激しく妨害されるようになった。9日、パレードに先立って行われた「クィア・カルチャー・フェスティバル」のオープニングセレモニーにも、数千人が抗議に押し寄せた。現場の緊迫した様子をノンフィクションライターの朴順梨さんが伝える。

「アナルセックス擁護者の朴元淳ソウル市長はやめろ」と書かれた反対派のプラカード(画像:筆者提供)
「アナルセックス擁護者の朴元淳ソウル市長はやめろ」と書かれた反対派のプラカード(画像:筆者提供)

MERSで観光客の減ったソウルの街

5月31日午後、ソウル市内中心部にある免税店は、まさに阿鼻叫喚の様相を呈していた。まっすぐ歩けないほどに人がフロアを埋め尽くし、コスメカウンターの前には二重にも三重にも列ができていた。大声で聞こえてくるのは、ほとんどが中国語だ。