中朝国境地域で11日、脱北者と推定される北朝鮮住民1名が中国軍によって射殺された事件が発生した。この事件について米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)は、中国の国境警備隊が、越境者(脱北者)に対して警備強度を上げていることが背景にあると報じた。

RFAによると、射殺された脱北者は川をわたった直後に、中国側の国境警備隊に見つかり『立て!』と警告されたが、立たなかったことから即射殺されたという。また、事件発生前に、「北朝鮮兵士が越えてくる」との情報があったことから警備強度を上げていたことから射殺するに至ったという。

RFAの情報筋は「射殺された脱北者が一般住民なのか、それとも兵士だったのかは、中国軍が遺体を処理したのわからない。地元では一般住民だったという説もある」と答えた。

これまで、中国軍が国境地帯で発砲するケースは少なかっただけに、今回の事件に、地元住民も衝撃を受けているという。