スロベニアのロックバンド「ライバッハ(Laibach)」が8月に北朝鮮で公演をすると明らかにした。

ライバッハ2014香港ライブ
ライバッハ香港ツアー2014のポスター

ライバッハは、Facebookを通じて、「北朝鮮でコンサートを開くことが確定した」としながら、「今年の8月、ライバッハは朝鮮民主主義人民共和国(DPRK)で公演する最初のロックバンドになるだろう」と明らかにした。公演日程は8月19〜20日の間とのことだが、近いうちに詳細は明らかにされると付け加えた。

ライバッハは、作品のテーマに全体主義を多用することで知られているバンドだ。バンド名もスロベニアの首都「リュブリャナ(Ljubljana)」のドイツ語名であり、ナチスドイツをイメージさせるということから、使用が控えられてきた言葉だという。

ビデオ・クリップやアルバムジャケットなどでも、随所に共産主義風のエッセンスが盛り込まれているが、ナチス・ドイツとともに、あくまでもパロディだという。

今回、北朝鮮当局がライバッハの全体主義へのパロディをどのように解釈して、平壌公演を許可したのかにも注目される。

また、ライバッハは「北朝鮮で公演する最初のロックバンド」と豪語しているが、過去には日本のロック・バンド「ソウル・フラワー・ユニオン」が1996年に平壌でライブを行っている。

【関連記事】
金正哲氏、2日連続でクラプトンのライブを鑑賞
ロックバンド「ブラー」が北朝鮮でインスパイア

    関連記事