韓国の保健福祉省は2日、中東呼吸器症候群(MERS:マーズ)感染者の2人が死亡したと発表した。死亡したのは2次感染者で、3次感染者2人も確認されており、感染者は計25人に膨らむなか、保健当局の初動対応に批判が高まっている。

ソウル市内の病院(本文とは関係ありません)(画像:John Milton)
ソウル市内の病院(本文とは関係ありません)(画像:John Milton)

MERSは、致死率が40~50%にも達する危険な感染症だが、韓国でMERS患者が発生したのは先月20日だった。

68歳の男性Aさんは、4月18日から5月4日までサウジアラビア、UAEなどに出張。帰国後に発熱と咳で今月15日にB病院に入院、20日にMERSコロナウイルスへの感染が確認された。このB病院でAさんと接触のあった医療関係者や家族から2次感染者が発生した。

しかし、韓国の保健福祉省が民官合同対策班を立ち上げたのは患者発生から11日も経ってからだった。さらに、従来の感染症マニュアルにとらわれて「MERSは感染力が弱い」と接触のあった医療関係者と家族64人は自宅隔離の処置をとったが、隔離対象者以外からも患者が発生した。2次感染者17人のうち11人は当初の隔離対象から抜け落ちていたという。

Aさんと接触のなかった3次感染者も発生している。民官合同対策班は「この2人の事例は医療機関内での感染で、外には広がったと見るのは難しい」と語り、これ以上の感染拡大はないと見通したが、韓国国民の間では政府の後手後手の対応に不信感が広がっている。

ネットでは「◯◯病院に患者がいる」「◯◯市で患者が◯◯人発生」といったデマが拡散し、とりわけ子どもを持つ親たちの間で不安が広がっている。

保健福祉省のムン・ヒョンピョ長官は「MERSの感染力の判断、初期患者に接触した人々のグループから一部が抜け落ちていたことなど国民の皆さんにご心配をかけて申し訳ない」などと謝罪したが、時既に遅しだった。

与党セヌリ党や医療関係者からも「保健福祉省の初期対応が遅れたためMERSが拡散した」「対応が場当たり的」「セウォル号沈没事故の教訓が生かせていない」などと批判の声が上がっている。

【関連記事】
韓国旅客船事故、原因究明なお遠く
韓国の元徴用工668人訴訟、原告に米国のスゴ腕弁護士
セウォル号の遺族たちは何に憤っているのか
キリスト教保守、同性愛への激しい憎悪

    関連記事