北朝鮮で、6月1日は「国際児童節」つまり「こどもの日」だが、この日ですら蔓延する「拝金主義」から逃れられないという。

河原で石を投げて遊ぶ北朝鮮の子どもたち(本文とは関係ありません)
河原で石を投げて遊ぶ北朝鮮の子どもたち(本文とは関係ありません)

1949年に旧ソ連の国際民主女性同盟の理事会で決められて以来、北朝鮮、中国、ロシアなど44の国や地域で6月1日を「こどもの日」だ。

北朝鮮当局は、国際児童節を記念して幼稚園児たちの芸術団を中国吉林省の延辺朝鮮族自治州に派遣。そのメンバー選考でやはり賄賂が飛び交ったとデイリーNKの内部情報筋が伝える。

咸鏡北道(ハムギョンブクト)の内部情報筋によると、茂山(ムサン)に住む幼稚園児20人ほどが選ばれて中国に派遣されることになり、公演の練習に励んでいた。園児たちは、当日朝に中国に向かい、延辺朝鮮族自治州の龍井市で2回公演を行って、その日のうちに帰国する予定だった。

こうした芸術団に選ばれるのは、芸術に素質のある園児のはずだが、親たちは「子どもたちに外国旅行をさせたい」と教師に賄賂をこっそり払って便宜を図ってもらう。結果、中国へは新興富裕層「トンジュ(金主)」や幹部子弟のみだった。

こうした特別な行事のみならず、今の北朝鮮では、子どもたちに「より良い教育を受けさせるためには賄賂は必要」となっている実情がある。両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋は語る。

「国際児童節には、幼稚園の教師に「贈り物」をするのが普通だ。親たちは教師のために、海苔巻き、カステラ、肉のてんぶら、高級お菓子セットなど豪華ランチを用意する。それに加えて、現金入りの封筒をそっと握らせる」(内部情報筋)

2014年の国際児童節に平壌愛育院を訪れた金正恩氏(画像:労働新聞キャプチャー)
2014年の国際児童節に平壌愛育院を訪れた金正恩氏(画像:労働新聞キャプチャー)

賄賂の相場は、コメ10キロ相当の5万ウォン(約750円)。ほとんどの親が教師に賄賂を渡す。「渡さないとどうなるのか」という、子供を持つ親心につけ込んでいるわけだが、教師にも事情がある。

幹部への上納金が必要なため、受け取った賄賂をそのまま受け取ることはできない。教師は幼稚園の園長に、園長は市や郡の教育部に多額のカネを上納する。

賄賂が教育システムの必要資金として組み込まれている。それが今の「北朝鮮拝金主義」だ。

【関連記事】
「僕も将軍様だー!」白馬に乗って喜ぶ子どもたち
正日氏誕生日の配給菓子は「カタくて食べられない!」 
収容されても逃げ出す北朝鮮の「コチェビ」
55人の孤児を育てた夫婦に「嘘くさい」の声も

    関連記事