金正恩氏は25日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の結成60周年に際し、「偉大な金正日同志の意を体して在日朝鮮人運動の新たな全盛期を開いていこう」と題した書簡を送った。

書簡は今後、朝鮮総連が貫徹すべき指針となる。

書簡の全文は次のとおり。

「偉大な金正日同志の意を体して在日朝鮮人運動の新たな全盛期を開いていこう」

祖国解放70周年と朝鮮労働党創立70周年を民族史的大慶事として迎えるためのたたかいが力強く展開されている激動の時期に、在日本朝鮮人総聯合会結成60周年を意義深く祝うことをうれしく思います。

わたしは総聯結成60周年に際し、許宗萬議長同志をはじめすべての総聯活動家と在日同胞に熱烈な祝賀と厚い同胞愛をこめた挨拶を送ります。

総聯は、偉大な金日成同志と金正日同志が自ら結成し導いてきたわが共和国の尊厳ある海外公民団体です。

総聯が歩んできた誇るべき歴史には、総聯をすべての在日同胞の権利と利益を代表するチュチェの海外公民団体として強化発展させた金日成同志と金正日同志の賢明な指導と大きな心血と労苦が秘められています。

偉大な金日成同志は自主時代の海外同胞運動の開拓者、総聯の創立者であり、在日同胞の生の恩人、慈父であります。

金日成同志は、進むべき正しい道を見いだせず生死の岐路に立たされていた在日朝鮮人運動の実態を洞察し、賢明な路線転換方針を提示して在日朝鮮人運動を危機から救い、最初のチュチェの海外同胞組織である総聯を結成しました。金日成同志は、在日朝鮮人運動発展の各段階ごとに総聯が進むべき道を明示し、総聯と在日同胞を愛の懐に抱いて栄光の道に立たせました。

偉大な金正日同志は金日成同志の崇高な志を体して、総聯を愛国・愛族の先覚者、愛国衷情の模範、海外同胞組織のモデルに育て上げた卓越した指導者であり、総聯と在日同胞の運命の守護者であります。

金正日同志は、総聯活動家の隊伍を思想と信念が確固とした一心団結の隊伍にし、先軍の霊剣によって総聯を固く守ってくれました。金正日同志は、総聯を社会主義祖国の一部分、在日同胞を肉親と見なし、祖国が「苦難の行軍」を行っていたあの困難な時期にも、総聯の民族教育の強化発展のために、在日同胞の尊厳と安定した生活のために、物心両面にわたる支援を惜しみませんでした。金正日同志の信と愛があったがゆえに、総聯は世界の海外同胞組織のモデルとしてその名を誇ることができたのです。

実に、総聯が歩んできたこの60年は、金日成同志と金正日同志のチュチェの海外同胞運動思想と賢明な指導の輝かしい歴史であり、崇高な民族愛、同胞愛の伝説で綴られた恵み深い愛の歴史です。

白頭山の希世の偉人たちの賢明な指導と愛情のもとで、総聯は60年間、栄光に満ちた発展の道を歩み、祖国と民族の前に大きな功績を築き上げました。

総聯は自分の領袖、自分の祖国と運命をともにしながら、一心団結の威力を高く轟かせる不敗の隊伍に強化発展しました。隊伍内にチュチェの思想体系、指導体系を確立するためのたたかいの中で、総聯はただ金日成同志と金正日同志だけを信じ、慕い、その意と念願を実現していくことを本分とする真のチュチェの愛国組織になりました。今日、偉大なチュチェ思想に基づいて組織的、思想的に固く団結し、広範な同胞大衆の間に深く根を下ろした強力な組織として在日朝鮮人運動を力強く推し進めているのは、総聯の誇るべき真骨頂です。

総聯は、愛国のバトンを変わることなく受け継いでいく前途洋々たる組織として威容を轟かせています。異国の困難な状況のもとでも、初級学校から大学に至る整然とした民族教育を通じて同胞の子女が真の愛国者に育ち、在日朝鮮人運動の歴史を輝かせる青年中核と若い同胞商工人をはじめ新しい世代の同胞大衆中核が育成され、愛国衷情の代をしっかり受け継いでいるのは総聯の誇りであり、力の源です。

総聯は、社会主義祖国の富強・発展と民族の統一のための聖なる偉業に大きく寄与してきました。総聯の活動家と在日同胞は熱烈な祖国愛を持って祖国の人民と呼吸をともにし、歩調を合わせながら、祖国の隆盛・発展のために特色ある寄与をしました。総聯は、わが党と共和国政府の祖国統一方針の正当性を確信し、その実現のためにすべてを尽くすとともに、日本人民をはじめ世界各国人民との連帯を強め、共和国の対外的威信を高めるのに寄与しました。

わが党と共和国政府は、自分の領袖と祖国、自分の民族に限りなく忠実な愛国的海外同胞組織である総聯を持っていることをこのうえない誇りに思っています。

わたしはこの機会を借りて、金日成同志と金正日同志を高く仰ぎ、総聯の結成と在日朝鮮人運動の強化発展のために一生を捧げた韓徳銖同志をはじめ老世代の総聯活動家と愛国的同胞に敬意を表し、いかなる名誉や報酬も望むことなく、総聯の愛国偉業遂行のためにすべての力と情熱を傾けて献身しているすべての総聯活動家と在日同胞に熱い感謝を送ります。

今日、総聯と在日同胞には、金日成同志と金正日同志の不滅の指導業績を輝かせ、祖国の人民の総進軍に歩調を合わせて、在日朝鮮人運動に新たな転換をもたらすべき栄誉ある課題が提起されています。

総聯は、すべての活動を徹頭徹尾金日成同志と金正日同志が意図し、望んでいたとおりに行い、金正日同志の遺訓を体して在日朝鮮人運動の新たな全盛期を開いていかなければなりません。

総聯を白頭山の希世の偉人たちの尊名によって輝く強力なチュチェの海外同胞組織としてさらに強化発展させなければなりません。

総聯は、組織内にチュチェの思想体系、指導体系を確立することを第一とし、この活動を絶えず深化させるべきです。

総聯は、偉大な金日成同志と金正日同志を永遠に高く仰ぎ、その総聯建設思想と不滅の指導業績を固守し、とわに輝かせていくべきです。総聯は、金日成同志と金正日同志の思想と業績を在日朝鮮人運動の不滅の大綱領としてしっかりとらえ、金日成同志と金正日同志が総聯と在日同胞に与えた教示を貫徹しなければなりません。

総聯は、隊伍の一心団結を全面的に強化することに引き続き第一の関心を払わなければなりません。

総聯のすべての組織と活動家は一心団結を在日朝鮮人運動の大本としてとらえ、中央指導部のまわりに一致団結すべきであり、同志的団結に始まった愛国偉業を同志愛の威力によってあくまで達成しなければなりません。総聯の各組織は、総聯隊伍の一心団結と同胞間に通うあたたかい情の中に総聯の力があり、在日朝鮮人運動の新たな全盛期もあることを銘記し、同胞大衆を一つに固く団結させるための活動にすべてを尽くすべきです。

総聯の活動家と同胞の精神力を発揮させるための宣伝・教育活動をさらに強化すべきです。

総聯は、活動家と同胞に対する偉大性教育と金正日的愛国主義教育に力を集中し、朝鮮民族第一主義の教育と在日朝鮮人運動の歴史と伝統についての宣伝・教育活動を根気よく行うべきです。新たな環境に即して信念教育を深化させ、すべての総聯活動家と新しい世代をはじめ在日同胞が社会主義祖国の不敗性と総聯の愛国偉業の正当性に対する確固たる信念を持ち、前世代が歩んできた愛国・愛族の道を変わることなく力強く歩んでいくようにしなければなりません。

総聯は、現実の要求と条件に応じて整然とした宣伝・教育体系を確立し、効果的な新しい宣伝・鼓舞形式と方法を絶えず創造していくべきです。『朝鮮新報』をはじめ出版・宣伝物を読者の特性と水準に応じて対象化、大衆化し、その牽引力を高めなければなりません。金剛山歌劇団と地方歌舞団は、金日成同志と金正日同志の配慮のもとに成長したチュチェの海外民族芸術集団らしく、同胞の情緒と心理に合う芸術活動を力強く展開して、同胞に朝鮮民族の魂を深く植え付け、彼らの愛国的熱意を高めていくべきです。

総聯組織を同胞大衆の中に深く根を下ろした強力な愛国組織にしなければなりません。

支部、分会をはじめ総聯の基層組織を愛国・愛族の信頼できる足場としてしっかりと固めるべきです。総聯は、在日朝鮮人運動の地域的拠点である支部を強化することに力を入れるべきです。同胞の基本生活単位である分会組織を活性化し、同胞が暮らしているすべての所に親和と団結、愛国・愛族の熱気が満ちるようにすべきです。総聯の各級組織と団体は、同胞大衆の間で大衆政治活動を力強く繰り広げて各階層の同胞をより多く結束することによって、在日朝鮮人運動の大衆的基盤を強固にし、絶えず拡大していくべきです。総聯は、すべての活動で大衆路線を堅持し、同胞の生活上の便宜と利益を保障することを最優先、絶対視し、同胞大衆の愛国的熱意と創造的エネルギーに依拠してすべての問題を解決していくべきです。

総聯の主体的愛国勢力を拡大、強化するため、「トンポアイネット拡大21」に組織全体の力を注ぎ、この運動をさまざまな民族文化運動と大衆スポーツ活動、権利擁護運動、奉仕・福祉活動と結びつけて行うことによって、同胞自身が主人となり、彼らの力によって推進される強力な運動として発展させるべきです。

在日同胞の民主主義的民族権利と利益を擁護、保障し、民族教育事業と新しい世代の青年との活動、同胞商工人との活動に引き続き大きな力を入れなければなりません。

在日同胞の民主主義的民族権利と利益を保護、保障することは総聯の基本的使命であり任務です。総聯は、在日同胞の教育権と企業権、祖国への自由な往来など主権国家の海外公民として享受すべきすべての権利を擁護し、拡大するために極力努力するとともに、同胞の権益を侵害するあらゆる差別措置と非人道的行為に反対して断固たたかわなければなりません。

民族教育事業を総聯の中心的課題として変わることなくとらえていくべきです。総聯は、民族教育事業で主体性を確立して祖国愛と民族性を植え付けることに力を注ぎ、知識経済時代に即して教育内容と方法を改善し、民主主義的民族教育の優越性と生命力を誇示しなければなりません。朝鮮大学校は、総聯の人材養成基地にふさわしく教育水準を絶えず高め、学生を真の愛国者、有能な専門家に育成することにより、尊厳ある共和国の海外同胞大学としての権威と名声を轟かせなければなりません。

在日同胞社会で新しい世代が総聯の愛国活動の主役として登場している今日、在日朝鮮人運動の将来は同胞青年をいかに育てるかにかかっています。総聯は、青年をいかなる逆境にあっても変わることなく金日成同志と金正日同志の愛国遺産である総聯の代を継いでいく頼もしい継承者、交代者として育てなければなりません。在日本朝鮮青年同盟と在日本朝鮮青年商工会、在日本朝鮮留学生同盟は、前世代が残した貴重な遺産をさらに輝かせるとともに、同胞青年がいつどこにあっても朝鮮人としての大本を忘れず、朝鮮人としての誇りを持って生きていくよう導かなければなりません。在日本朝鮮民主女性同盟も新しい世代の同胞女性との活動に力を入れ、彼女らが同胞社会の民族性をしっかり守りながら総聯の愛国事業の片方の車輪を推し進めてきた誇るべき伝統を引き続き受け継いでいくようにしなければなりません。

総聯の基本大衆であり在日朝鮮人運動の主力部隊である同胞商工人が総聯の愛国事業に積極的に立ち上がるようにすべきです。在日本朝鮮商工連合会をはじめ経済団体は、同胞商工人の活動を極力保護し、誠心誠意支援し、彼らが商企業活動を活発に繰り広げることができるようにしなければなりません。

総聯と在日同胞は、社会主義祖国の富強・発展と祖国の統一を早めることに寄与することによって、祖国と民族に対する使命と愛国的本分を果たしていかなければなりません。

総聯と在日同胞は、社会主義祖国の富強・繁栄のための聖なる偉業に愛国至誠を尽くすべきです。

海外同胞の運命は祖国の運命と一つに結びついており、祖国が強大であってこそ海外同胞組織と海外同胞の権威も高まるのです。総聯の活動家と在日同胞は、社会主義祖国の尊厳と威信をあらゆる面から擁護し、力のある人は力で、知識のある人は知識で、金のある人は金で社会主義強盛国家の建設に貢献しなければなりません。

総聯と在日同胞は、祖国統一3大憲章と6・15共同宣言、10・4宣言を高く掲げて祖国統一運動を力強く繰り広げるべきです。総聯は、「民団」系同胞との民族的団結を強め、自主、民主、祖国統一のための南朝鮮人民の正義の闘争を支持声援しなければなりません。

総聯は、自主、平和、親善の理念のもとに日本の各階層の進歩的人士と人民との善隣友好関係を発展させ、総聯の活動と在日朝鮮人運動に有利な環境と条件を主動的に整え、朝・日関係の発展に寄与しなければなりません。

今日、在日朝鮮人運動の新たな全盛期を成功裏に開いていくためには、新たな情勢と環境に即して総聯の活動体系を整然と確立し、指導方法を改善しなければなりません。

総聯中央は、民主主義中央集権制の原則に基づいて討議、決定された問題を一貫して実行するとともに、各級組織と団体、事業体に対する統一的指導を強化して、すべての組織が活発に動き、自分の任務を立派に遂行していくようにすべきです。総聯の各県本部は、集団の知恵に依拠して中央の決定と指示を徹底的に実行する規律と秩序を確立し、在日朝鮮人運動の地域的指導単位としての責任と役割を果たさなければなりません。総聯の中央団体、事業体は、自分の特性に応じて整然とした活動体系を確立し、指導と支援を下部に接近させて自分の分野の愛国事業を立派に遂行しなければなりません。

総聯組織の実情と同胞社会の現実に即して活動方法を改善しなければなりません。

総聯の各級組織と団体、事業体は、革新的な眼識と斬新な活動態度、老練かつ巧みな活動方法によって、活気に満ちて力強く前進する在日朝鮮人運動の新しい気象、新しい姿を創造しなければなりません。

在日朝鮮人運動の新たな全盛期を開くことができるかどうかは総聯の活動家の役割にかかっています。

総聯の活動家は、金日成同志と金正日同志の教えを活動と生活の指針とし、常に同胞大衆の中に入って彼らと生死、苦楽をともにしながら大衆の精神力を呼び起こす組織者、宣伝者にならなければなりません。総聯の活動家は、同胞第一主義のスローガンを高く掲げ、在日同胞の民族的権利と幸せな明日のために限りない献身性と犠牲的精神を発揮することによって、すべての同胞が総聯組織を母の懐と見なして心から信頼し愛し、依拠するようにすべきです。

総聯は社会主義祖国の一部分であり、在日同胞は母なる祖国と同じ血筋を引いた実の兄弟、一つの家族です。

わが党と共和国政府は、金日成同志と金正日同志が託した総聯と在日同胞の運命と未来をあくまで責任を持って見守り、在日朝鮮人運動の強化発展のために全力を尽くすでしょう。

わたしは、総聯の活動家とすべての在日同胞が今後も変わることなく社会主義祖国と運命をともにし、在日朝鮮人運動の新たな全盛期を開くためのたたかいで栄誉ある責任と本分を果たすものと確信しています。―――

    関連記事