北朝鮮が、東倉里(トンチャンリ)のミサイル発射場「西海衛星発射場」を改修していると28日、米国ジョンズホプキンス大の北朝鮮分析サイト「38NORTH」が伝えた。

東倉里ロケット発射場の衛星写真(画像:Wikimapia、CNES/Astrium、Digital Globe)
東倉里ロケット発射場の衛星写真(画像:Wikimapia、CNES/Astrium、Digital Globe)

「西海衛星発射場」は平安北道(ピョンアンブクト)鐵山(チョルサン)郡に位置する。2012年12月12日に長距離弾道ミサイル「銀河3号」が発射されたミサイル基地だ。

38NORTHによると、最新の衛星写真を分析した結果、発射場内で新たな建築工事が行われていることを確認。発射実験が近日中に行われるかどうかは疑問だと伝えた。

銀河3号(画像:労働新聞)
銀河3号(画像:労働新聞)

【関連記事】
北ミサイル潜水艦開発に日本企業
潜水艦ミサイル動画を徹底検証
北の潜水艦ミサイル写真に「加工」か

    関連記事