韓国の大手紙・東亜日報は27日、北朝鮮の玄永哲元人民武力部長(国防相)が、私的な集まりで「若い人(金正恩氏)は政治をうまくできない」と発言をしたために粛清されたと報じた。

同紙によると、玄氏は4月中旬にロシアを訪問した際、ロシアからの兵器導入をもちかけたが断られた。このなかで金正恩氏の核開発など武力を誇示する方針に不満を述べながら「もらえるものも、もらえなくなる」と批判。この発言が上部に報告され粛清されたという。

また、別の消息筋の話として、北朝鮮内で玄氏が「軍閥」を形成しようとしたという批判的な内容の文書が配布された伝えた。

デイリーNKは21日、労働党幹部を対象にした特別講演会で「玄永哲の粛清に関する資料」が配布されたと伝えている。

【関連記事】
玄永哲氏は、金正恩氏に不満を持った?
軍内部で「玄永哲氏粛清説」が拡散中
処刑で流行る「撃たれたいんか?!」