北朝鮮の警察にあたる人民保安部が、交通違反車両を厳しく取り締まるとの布告を出し、4月25日までに「右ハンドル車を廃車にせよ」との指示を出したが、米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、相変わらず町中を普通に走っているという。

平壌市内の高麗ホテル前を走る、かつて阪神バスで使用されていた車両/西船junctionどっと混む提供
平壌市内の高麗ホテル前を走る、かつて阪神バスで使用されていた車両/西船junctionどっと混む提供

右ハンドルの車の大半は、日本製の中古車両だが、乗用車、トラック、バスなどは、平壌市内の通りを疾走しており、「右ハンドル車禁止」指示に効果がなかったことが伺える。

北朝鮮の「大成貿易総局」「綾羅(ルンラ)総局」などの中央党の外貨稼ぎ機関、平安北道の外貨稼ぎ会社が所有している冷凍トラックやコンテナトラックも中朝国境を往来している。

どうやら一部の右ハンドル車両だけが見せしめで没収されたようだ。