北朝鮮では、韓流ドラマやK-POPは裏コンテンツとして定着しているが、化粧品や電化製品なども大人気。とくに、幹部や新興富裕層(トンジュ:金主)たちは、わざわざ中国から取り寄せるほどの執着ぶりだ。

電化製品のなかで、最も人気製品の一つが「電気炊飯器」。咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋によると、韓国製の炊飯器「クック」は、不動の人気を誇る。

以前は、日本製「メイド・イン・ジャパン」が大人気だったが、今では韓国製が取って代わった。理由は大きく分けて3つ。

一つ目は、経済制裁の影響だ。2006年に日本政府が独自制裁を発動してから、万景峰号を通じて北朝鮮へ送られた大量の日本製中古家電が入らなくなった。

二つ目は次は電圧の問題。日本製は100ボルトで変圧器が必要だが、韓国製品は220ボルトでそのまま使用できる。

    関連記事