安定していた北朝鮮市場の「コメ価格」が上昇している。中朝国境の取り締まり強化によって、コメの密輸が難しくなったことが原因だ。

板門店に程近い農村の風景©Lawrence Wang
板門店に程近い農村の風景 ©Lawrence Wang

密輸業者取締でコメ供給不足、値段上昇

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋によると、恵山(ヘサン)農民市場のコメ1キロ価格は、昨年末は4000ウォン(約60円)前後だったが、現在は内陸部と同じ5000ウォン(約75円)まで上昇。コメだけでなく、穀物全体の価格が上がっている。

北朝鮮当局が、中朝国境の取り締まりを強化したために、コメの密輸が停滞し、価格上昇をもたらしたことは北朝鮮住民も理解している。そのせいか不満の声は絶えない。

「なんでこんなに高くなるんだろうと思っていたら、くだらない国境の取締のせいだった」

「庶民から搾り取ることしかノウのない幹部たちは取締ばかりしている」

その一方、「上からの指示があったのだからどうしようもない」と幹部に対する同情の声も上がっていると情報筋は伝えた。さらに、今回の上昇傾向によって、コメの密輸が及ぼす影響について改めて知ることになったと語る。