韓国を訪問中の米国のケリー国務長官は、朴槿恵(パク・クネ)大統領や尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談。北朝鮮問題や日米韓の連携強化などについて協議し、北朝鮮の弾道ミサイルについて「挑発的で国連や国際基準に違反する挑発」だと非難した。

ケリー長官は、「北朝鮮のミサイルシステムや持続的な核兵器の研究は非常に危険な発想」「北朝鮮のSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)はその一例」「北の脅威には米韓が団結して対処する」などと強調した。

これに対して尹炳世外相は、「最優先議題は北朝鮮」「北朝鮮の恐怖政治は対内的には未来への憂慮を高め、対外的には最近の潜水艦発射弾道ミサイルの実験に現れたように深刻な脅威だ」と語った。

ケリー長官は、日韓の歴史問題についても言及。米議会での安倍総理の演説を評価した上で「日本に対しては、過去から立ち上がり隣国とのより良い関係を作るようにと言っている」と述べた。

【関連記事】
北朝鮮の「新型ミサイル」「ステルス艇」に不吉な予感?
北朝鮮のミサイル潜水艦開発、「日本企業」の影
北朝鮮のミサイル潜水艦、自衛隊と対峙