北朝鮮が、朝鮮労働党70周年記念にむけて軍事パレードの準備を進めており、新型ミサイルが公開される可能性があると韓国の聯合ニュースが17日、単独報道として伝えた。

軍事パレードに登場した北朝鮮ミサイル
軍事パレードに登場した北朝鮮ミサイル(資料写真)

聯合ニュースは、韓国政府の消息筋の話しとして、韓国国家情報院は13日、玄永哲氏の電撃粛清を報告したが、同時に朝鮮党創建70周年行事の準備動向も報告されたと報じた。

また、消息筋は「労働党創建日の行事として例年以上に大規模な軍事パレードが行われるようだ。パレードでは大陸間弾道ミサイル(ICBM)や、先日、水中発射実験に成功した潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などの新武器を公開し、軍事的能力を誇示するだろう」と述べたという。

2015年に入って、北朝鮮は公式メディアを通じて新型兵器を相次いで公開している。

【関連記事】
北朝鮮の弾道ミサイル潜水艦開発に「日本企業」の影
北朝鮮空軍創建の主役リ・ファルは、日本の操縦士出身