北朝鮮で「占い」は違法行為だ。北朝鮮の刑法256条では、カネや物品を受け取って迷信行為を行った者は1年以下の労働鍛錬刑に、罪状の重い者は3年以下の労働教化刑に処すと規定されている。

ところが、親が子どもを「占い師」にする商売するケースが急増し、北朝鮮当局が取締に乗り出したと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。

海外の北朝鮮情報筋によると、親はまず「白登録」という占いの本、いわば「占いの教科書」を手に入れて、子どもに勉強させる。飲み込みのいい子なら1ヶ月で「占いまがい」ができる。そして、町のあちこちで次のように触れ回って宣伝する。

「うちの子どもは神の啓示を受けた」

一人、二人と客がやって来て、そのうち「当たる!」と評判になれば繁盛する。

こうした占い師は、平壌、南浦(ナムポ)、新義州(シニジュ)などにかなり存在するというが、ある地域では「少女占い師」まで登場した。

平安北道(ピョンアンブクト)の博川(パクチョン)郡のわずから16歳の「少女占い師」は評判がよく、北朝鮮当局の幹部クラスが自宅にまで呼び寄せて、コソッと占ってもらうとのことだ。

1回の料金は中国人民元で20元(約390円)。市場で商売することを考えると、かなりの儲けになる。