京都府警と神奈川、島根、山口県警の合同捜査本部は12日、北朝鮮産マツタケの不正輸入事件に関与したとして、新たに許宗萬(ホ・ジョンマン)在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)議長の次男・許政道(ホ・ジョンド=50)ら3人を外為法違反の疑いで逮捕した。警察は同時に、関係先の家宅捜索を始めている。朝鮮総連議長の親族の逮捕は、今回が初めて。

【関連記事】京都府警、執念の「マツタケ狩り」…総連捜査を主導「中核派に潰されたメンツ取り戻す」

日本政府の独自制裁により、北朝鮮とは全品目にわたり輸出入が禁じられている。

他の逮捕者は朝鮮総連傘下の貿易会社「朝鮮特産物販売」の社長(70)と元同社社員(63)。許容疑者は同社社員の肩書だが、主導的な立場で不正輸入に関与したとされている。

容疑者らは、すでに逮捕・起訴された貿易会社「東方」社長ら2人と共謀し、2010年9月27日、経済産業相の承認を受けずに北朝鮮産マツタケ約1.8トン(通関時の申告額約450万円)を中国から関西空港に持ち込み、輸入した疑いが持たれている。

同事件を巡っては、北朝鮮が日本政府への非難を強めており、4月には、日本人拉致被害者らの再調査をめぐる日朝協議の中断を示唆する通知文を送り付けた。

今回の逮捕を受け、朝鮮総連と北朝鮮がいっそう反発を強めるのは必至の情勢といえる。

【関連記事】?
なぜか北朝鮮メディアがいち早く報じた「総連摘発」とマツタケ事件??
マツタケ捜査は「入口事件」…警察庁から流出した「対総連捜査マニュアル」(全文)
「祖国が変わった」朝鮮総連・許宗萬議長が不満吐露
日朝関係をゆるがす…これが北朝鮮産マツタケだ!!(写真)