韓国軍当局筋は11日、北朝鮮が弾道ミサイル潜水艦を実戦配備する時期について、「2〜3年以内」との認識を示した。

この潜水艦に搭載されるミサイル(SLBM)については「大気圏への再突入技術を開発し、弾頭を完成させる必要を考えると4〜5年はかかると見ている」という。

ただ、潜没している潜水艦にミサイルの発射命令を伝えるには、波長が数十メートルに達するVLF(超長波)電波を送らねばならず、その送信施設は数キロから十数キロ四方の巨大施設になる。

北朝鮮には、目下のところこうした施設が見当たらず、弾道ミサイル潜水艦とSLBMが戦略的な意味を持つ兵器体系となるまでには、しばらくは時間の猶予がありそうだ。

一方、このほど日米間で合意された防衛協力の新指針では、米国を標的とした弾道ミサイルを自衛隊が迎撃することが明記された。北朝鮮が今後、米国をターゲットとしてSLBMと新型潜水艦の開発を進めるのは確実と思われ、新指針に沿った米国との協力関係の中で日本としてどのように対応するか、検討が迫られる可能性がある。

【関連記事】
北朝鮮の弾道ミサイル潜水艦開発に「日本企業」の影
第4次中東戦争が勃発、北朝鮮空軍とイスラエルF4戦闘機の死闘
北朝鮮の「新型ミサイル」「ステルス艇」に不吉な予感