北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は11日、金格植(キム・ギョクシク)元人民武力部長の訃報に添えて、同氏のカラー写真を掲載した。労働新聞が金日成・正日・正恩氏ら最高指導者以外の人物について、単独のカラー写真を掲載するのは珍しい。正恩氏自身の判断による、最大級の「礼遇」と見てまず間違いない。

1938年生まれの金格植氏は、北朝鮮で崇められる抗日パルチザン出身ではなかったものの、上記3代の指導者に仕えた「忠臣」と見なされている。

金日成軍事総合大学を卒業した金格植氏は、駐シリア大使館付武官補などを経て、80年代末には軍団長の地位にあったとされる。2007年4月には総参謀長に上り詰めるが、2009年2月には再び第4軍団の軍団長に任ぜられた。韓国情報筋によればこの際、金正日氏は「降格ではない。しっかり働いて帰って来い」と激励したという。

第4軍団は、米韓軍と対峙する西部前線を受け持っている。金格植氏の軍団長人事と、正日氏の激励にはどのような意味があったのか。

北東アジア最大のホットスポット

注目せねばならないのは、金格植氏の軍団長在任中に起きた、この戦線における南北の「攻守逆転」である。

西部前線に含まれる軍事境界線の西側海域は、北東アジア最大のホットスポットともいえる危険エリアだ。一方、中国の「裏庭」たる黄海の一部であるが故に、米海軍の機動部隊などが展開しにくい所でもある。そのため北朝鮮にとっては、米軍や海上自衛隊の大戦力の介入を気にせず、比較的有利に韓国軍と対決できる「戦場」なのだ。

1970年代、多数のソ連製魚雷艇を装備した北朝鮮は、当時の韓国海軍を凌駕するその戦力をもって、この海域を実質的に支配した。それが韓国に経済力で引き離されるに伴い、その新型装備に太刀打ちできなくなる。

北朝鮮海軍は、1999年の第1延坪海戦と2002年の第2延坪海戦で続けざまに敗戦。その後、韓国が盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の左翼政権下にあった時代には比較的平穏な日々が続いたが、2008年2月に李明博(イ・ミョンバク)保守政権が発足したことで再び不穏の度を増した。

金格植氏の第4軍団長人事はそのような時期に行われた。

そして、2009年の大青海戦ではまたもや北朝鮮側が敗北。朝鮮人民軍は形勢逆転を期し、韓国海軍の哨戒艦「天安」撃沈や、大延坪島砲撃の挙に出る。

大青海戦までの三度の戦いは、南北の海軍艦艇が水上で撃ち合う平面的なものだった。それでは勝ち目がないと悟った北朝鮮は、「天安」撃沈と大延坪島砲撃においては、特殊部隊の運用する潜水艇や陸上の砲兵部隊を投入。複合的かつ立体的な作戦により、韓国側の不意を突くことに成功した。

これこそが、特殊部隊の指揮官たる金英哲(キム・ヨンチョル)偵察総局長と並び、金格植氏が両事件の「主導者」と指摘される所以である。

その後も北朝鮮の軍は、韓国に対する攻勢的な姿勢を維持している。そして、労働新聞の訃報に添えて単独のカラー写真を掲載した金格植氏への「礼遇」は、正恩氏が今後もしばらく、こうした姿勢を崩す意思のないことを表しているのかもしれない。

(ジャーナリスト 李策)

    関連記事