金正恩氏の別荘そばに軽飛行機用の滑走路、格納庫、ヘリポートが建設されたと米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が報じた。

金正恩氏別荘専用の滑走路、ヘリポート(北端)、駅(右) (画像:Google map)
金正恩氏別荘専用の滑走路、ヘリポートと格納庫(北端)、駅(右) (画像:Google map)

別荘は北朝鮮の江原道(カンウォンド)の元山(ウォンサン)市の海辺に位置するが、Google Earthが3月26日に撮影した衛星写真から滑走路が存在することがわかる。

滑走路の両端には「16」「34」という数字が書かれており、北西方向に向いている。さらに、北側には軽飛行機用の格納庫、さらにはヘリポートも建設されている。

衛星写真専門家の米ジョンズホプキンス大学米韓研究所のカーティス・メルビン研究員は、RFAに次にように語った。

「滑走路の長さは550メートル、幅は18メートルで軽飛行機専用の施設だ。昨年5月から金正恩氏専用の鉄道駅のそばに滑走路の建設を始めた。飛行機好きの金正恩氏の趣向が影響しているものと思われる」

衛星写真で明らかになった専用滑走路から8キロ離れた葛麻(カルマ)半島には、1日数千人の乗客を処理できる規模の「元山国際空港」が建設中だ。

国際空港が近いにもかかわらず、金正恩氏が専用滑走路を建設した意図に注目される。

金正恩氏別荘専用の滑走路と駅(赤丸)、別荘(青丸) (画像:Google Map)
金正恩氏別荘専用の滑走路と駅(赤丸)、別荘(青丸) (画像:Google Map)

【関連記事】
「機関銃で粉々に」…残忍さを増す北朝鮮の粛清現場を衛星画像が確認

    関連記事