北朝鮮の朝鮮中央通信は4日、日本人拉致問題を国際社会に訴えるために訪米中の山谷えり子拉致担当大臣を非難した。

北朝鮮の国営メディアは、先月29日にも訪米した安倍晋三首相に対して非難していたが、今回は山谷大臣を罵倒する記事を掲載。山谷氏が「拉致産業で政治的延命を図り、生計手段にしている」と主張しながら「すべての日朝合意が空中分散しないという保証はない」と日朝協議の破棄を示唆した。

山谷大臣は、5日、米ニューヨークで日本政府が開催する北朝鮮の拉致問題を訴える国際シンボジウムに出席。拉致被害者をはじめとする日本人の救出を国連の各国代表部関係者ら国際社会に訴える予定だ。