家々から立ち上るかまどの煙を見て「高き屋に のぼりて見れば煙立つ 民のかまどは賑わいにけり」と短歌を読んだのは仁徳天皇(399年没)だ。北朝鮮の庶民たちは、火力発電所の「煙」を見て「もしかしたら、経済発展するかも?」と漠然とした期待を抱く。

ところが、「煙」が最近になって止まってしまい、市民たちの間に失望感が広まっていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝える。

北朝鮮の清津港/写真:韓国平和問題研究所
北朝鮮の清津港/写真:韓国平和問題研究所