日本には進出できていないが、中国や東南アジアを中心に全世界的に展開している北朝鮮レストラン、通称「北レス」。熱狂的なファンも多く、各国の北レスを渡り歩いたり、通い詰める猛者もいる。

その北レスで働くウェイトレス(服務員)たちの接客に、変化が起きているとデイリーNKの情報筋が伝えてきた。

統制緩み優しくなった北レスの女性従業員たち

今まで、北レスの服務員たちは、周りの目を気にしてか、外国人客からの「チップ」は頑なに受け取ろうとしなかった。しかし、今では100元札を1、2枚手渡すとにっこりして『コマプスムニダ!』(ありがとうございます!)と自然に受け取ってくれるようになったという。

外国人客と接触すると「思想的」に問題があると批判されかねないので、拒否していたが、最近では自然と受け取る。さらに、チップは本人たちの取り分になると情報筋は語る。

上海の北朝鮮レストランの女性従業員たち ©Stephan
上海の北朝鮮レストランの女性従業員たち ©Stephan

「チップを受け取るようになってからは接客態度もソフトになりましたね。店の売上もあがるだろうし、チップも儲かっていいんじゃないですか。長く働いている人は要領がわかってるから、笑顔を振りまいてチップを稼ごうとがんばってますよ」

丹東税関に近い所にある北レスでは、保衛部の監視もありチップの受け取りに制限があるが、それはあくまでも表向きだ。上からは「チップを受け取るなら自分を失わず堂々と受け取れ」と教育されているという。

「夜はダンスと歌で盛り上げてくれますよ。みんな背が高くスラリとしていてきれいですね。盛り上がりすぎて舞台に上がっちゃうお客さんもいますが、一緒にダンスしてくれますよ」(情報筋)

北レスは、北京、上海などの中国の大都市だけでなく、地方の中都市にも進出している。北朝鮮に近い瀋陽や丹東などでは北レスが隣同士で並んでいる光景も珍しくない。

バンコク、クアラルンプール、カンボジアなどの東南アジアの都市や、既に廃業したがオランダのアムステルダムにも進出していた。

北レスは、外貨稼ぎのために北朝鮮当局や中国企業との合弁で営まれている。従業員は美貌はもちろんのこと、歌、踊り、楽器演奏に中国語まで兼ね備えた女性たちばかりだ。

彼女たちは主に平壌出身の20代で、徹底した成分(身分)検討を経た上で海外の北レスで働く。派遣期間は通常3年だが、コネと賄賂で期間延長も可能だと言う。

いずれの北レスも、老若男女限らず概ね好評だが、度々、服務員に惚れ込んだ客と駆け落ちして脱北するなど、北朝鮮本国にとっては誠に都合の悪い事件も起きている。

    関連記事