北朝鮮の労働新聞によると、金正恩氏は「太陽節(故金日成氏の生誕記念日)」に合わせて、4月15日午前0時に金日成氏と正日氏の遺体が安置されている錦繍山(クムスサン)太陽宮殿を参拝した。

朝鮮人民軍指揮官達と錦繍山太陽宮殿を参拝する金正恩氏/2015年4月15日付労働新聞
朝鮮人民軍指揮官達と錦繍山太陽宮殿を参拝する金正恩氏/2015年4月15日付労働新聞

参拝には、黄炳瑞(ファン・ビョンソ)氏、李永吉(リ・ヨンギル)氏、金元弘(キム・ウォノン)氏、キム・チュンサム氏、チョ・ギョンチョル氏をはじめとする朝鮮人民軍の指揮官が随行した。

錦繍山太陽宮殿で深々とお辞儀をする金正恩氏/2015年4月15日付労働新聞
錦繍山太陽宮殿で深々とお辞儀をする金正恩氏/2015年4月15日付労働新聞

2015年に入って金正恩氏が錦繍山太陽宮殿を参拝するのは、1月1日、2月16日(正日氏の生誕記念日)に続けて3度目となるが、全て朝鮮人民軍の幹部達のみが同行している。

朝鮮中央通信によると、太陽節と正恩氏の最高指導者就任3周年に合わせてシリアのバッシャール・アサド大統領からは「花かご」が送られた。また、パキスタンのマムヌーン・フセイン大統領、ウガンダのヨウェリ・ムセベニ大統領、ナイジェリアのムハマドゥ・ブハリ大統領からも金正恩氏宛てに祝電が送られている。