先日、韓国の国家情報院のスパイとされる韓国人男性2人が逮捕され、北朝鮮当局が、中朝国境地域や内陸部に及んで取締を強化している。その影響で中朝貿易が萎縮。拠点とされていた中国の丹東が「スパイ不況」に襲われているが、その余波は対岸の鴨緑江側、つまり北朝鮮内部にも拡大しつつある。

中朝国境の都市、新義州の市内中心部の様子
中朝国境の都市、新義州の市内中心部の様子

取締に息を潜める密輸業者

両江道(リャンガンド)のデイリーNK内部情報筋は語る。

「最近、報道された『スパイ事件』や新義州(シニジュ)の『軍人脱北事件』のせいで、国境地域が殺伐としている。さらに取締も強化され中国からの密輸品が入荷しなくなり、商人たちは気を揉んでいる」

情報筋によると、2月16日(金正日氏の誕生日)が過ぎてから国境地域での中央党の取締が始まったが、時を置かず「スパイ事件」が明らかにされた。

取り締まりの強化に、中朝国境の密輸などで、それなりの修羅場をくぐり抜けてきて密輸業者たちも萎縮し、流通量は3分の1まで激減した。

取締で物価高騰か

今回の取締は、丹東の対岸に位置する新義州(シニジュ)からはじまった。

北朝鮮当局のターゲットは、麻薬密売、人身売買、中国や韓国との携帯電話を使った違法通話、脱北などだ。

取締は、両江道(リャンガンド)の恵山(ヘサン)でも行われは新義州以外の平安北道(ピョンアンブクト)や慈江道(チャガンド)で行われている。

こうした商売に対する北朝鮮当局の取締は珍しいことではないが、「今回は労働党中央からの指示で行われている」と情報筋は語る。

「中国の親戚を訪問した『私事旅行者』も調査を受けている。保衛部(秘密警察)や保安署(警察)は、当局に近い人民班長や核心階層の人々を動員し、庶民たちや脱北者がいる家族を監視している。『内部に隠れている不穏分子を見つけ出すことが目的』と噂されている」(内部情報筋)

こうした内部統制が強化されると、当然のごとく流通などにも悪影響を及ぼし、市場の物価は高騰する。結局は、最も被害を被るのは庶民たちであることは間違いない。