北朝鮮の平壌で12日、「平壌国際マラソン(正式名称:万景台賞国際マラソン大会)」が開催され、約800人の選手が参加した。北朝鮮の労働新聞によると、参加者800人のうち約600人の外国人マラソン愛好家が参加したという。

「太陽節慶祝マラソン競技大会」を伝える記事/2015年4月13日付労働新聞より
「太陽節慶祝マラソン競技大会」を伝える記事/2015年4月13日付労働新聞より

今年で28回目となる「平壌国際マラソン」は、故金日成氏の誕生記念日「太陽節」に合わせたこの時期ならではの名物イベント。しかし、北朝鮮当局は、昨年10月から「エボラ出血熱対策」として外国人観光客の入国を制限。北朝鮮旅行関係者は「開催はするが外国人は走れない」との方針を伝えていたが、最終的に参加できることとなった。

この関係者によると、先月の時点で「今年の『マラソンツアー』に申し込んだ人は1000人ほどだったが、エボラによる入国規制で700人がキャンセルした」と語った。

しかし、「あわよくば」と期待する観光客がそれ以後も、申し込んだことから、約600人が参加することとなった。

走るコースは、平壌市内中心部の金日成競技場をスタートし、凱旋門、友誼塔、金日成総合大学、5.1競技場、清流橋、党創建記念塔、綾羅橋、万寿台を経て凱旋門に戻る10キロのコースだ。フルマラソンの場合は、このコースを4周する。ハーフマラソンと10キロマラソンも同時に開催された。

イギリス人が経営する北朝鮮旅行専門旅行会社大手の「コリョツアーズ(本社:北京)」は、毎年平壌マラソンに参加するツアーを企画しているが、早くも来年の受付を開始している。