水害の被害に遭った平安南道のある村でEUが支援活動を行っている(本文とは関係ありません) ©European Commission DG ECHO
水害の被害に遭った平安南道のある村でEUが支援活動を行っている。(本文とは関係ありません) ©European Commission DG ECHO

北朝鮮で17年間医療支援活動を行ってきた韓国系米国人サンドラ・ソ氏に対して北朝鮮政府は「謀略行為」を行ったとの理由で9日に国外追放にした。

孤児院撮影が「反共和国謀略行為」?

今年で81歳になるソ氏は、「ウィート・ミッション」というキリスト教精神をベースにした支援団体を設立し、北朝鮮に医薬品、医療機器、食糧、衣類、靴、毛布などを送り、現地でも医療支援を行うなど根気強く活動を続けてきた。

ところが、北朝鮮の朝鮮中央通信はソ氏が、1998年から人道主義支援の美名の下に北朝鮮を何度も訪れ、密かに画像や動画を撮影し反北朝鮮謀略宣伝行為を行ってきたと非難した。

同団体で北朝鮮の障がい者支援活動を行ってきたミラル宣教会の関係者はラジオ・フリー・アジア(RFA)の取材に対して次のように述べた。

「動画は許可を得て撮影したものだ。孤児院の映像は、支援品がきちんと行き届いていることを、支援者たちに見せるためだ。ソさんは活動を大々的に宣伝しようとはせず、根気強く活動を行ってきた。追放される理由はない」

同じく、ソ氏と共に支援活動を行ってきた韓国系米国人のパク・ウォンチョル氏はボイス・オブ・アメリカ(VOA)の取材に対して「(違法活動は)全くしていない。いいがかりだ」と語った。

パク氏によると、ソ氏とともに、平城(ピョンソン)と沙里院(サリウォン)での医療支援目的で先月21日に入国した。しかし、中国で「はしかが流行している」という理由で平壌から出ることを許可されなかった。

最終的に、活動を諦めて医薬品をガイドに手渡したうえで、先月24日に出国しようとした。しかし、パスポートに問題があるとして二人は飛行機への搭乗を許されず2週間拘留され、今月9日に国外追放されるに至った。

(次のページ>人道支援急減の理由)

相次ぐ追放で援助が減るおそれ

北朝鮮は、2月にもドイツのNGO、世界飢餓援助(Welthungerhilfe)の平壌事務所長を理由を明らかにしないまま国外追放にした。

概ね、ヨーロッパの民間支援団体は、政治的には中立な立場で支援活動を行ってきた。さらに、米韓の支援団体が、政治的理由で北朝鮮と衝突した時には、仲介するなどその活動は広く評価されてきたはずだった。

北朝鮮当局のこうした処置が相次げば、支援の先細りは避けられない。実際、国連の発表によると、北朝鮮への人道支援の規模は、2004年から10年間で6分の1に激減している。

激減の最大の理由が経済制裁とはいえ、北朝鮮当局の一方的な処置も、人道支援団体を足踏みさせている。

北朝鮮は、90年代の大飢饉「苦難の行軍」時代に比べると、経済状況や食糧事情は改善しつつある。しかし、庶民レベルでは未だに基本的な生活条件が整っているとは言いがたい。

こうした問題を解決するためには、北朝鮮自身の自浄努力に加えて国際的な支援は不可欠だ。今回のように、支援の最前線に立っているNGO関係者を追放しているようでは、金正恩氏がスローガンとして掲げる「人民生活の向上」は、遠のくばかりである。

    関連記事