北朝鮮当局が、国境地域における「住民移動」を制限するため「打撃隊」を組織していると8日、咸鏡南道(ハムギョンナムド)のデイリーNKの内部情報筋が伝えてきた。

列車の窓から顔を出す軍人 ©Roman Harak
参考写真:列車の窓から顔を出す軍人 ©Roman Harak

情報筋によると、打撃隊は、郡の保安署(警察署)と鉄道保安署(鉄道警察)の監察官で組織された「特殊検閲隊」であり、鉄道駅や列車内に出現する。1チームは2、3人の編成だ。複数チームが不意に列車内に現れて、住民の身分証明書や旅行証明書、そして荷物検査までする。

「部隊が現れた瞬間、静かだった列車内はあっという間に修羅場になった。列車保安員(鉄道警察員)まで緊張するぐらいだ」(情報筋)

打撃隊は、列車に乗り込んで前後を封鎖して乗客を調査していく。このため、主要駅では1、2時間の列車の延滞が生じる。さらに、列車保安員に賄賂を与えて優先的に乗車した疑いのある旅行者を重点的に拘束するという。

新たに鉄道「打撃隊」を組織したワケ

北朝鮮当局は、これまでも全国的に住民の移動を制限するために、様々な措置を講じた。しかし、列車保安員が住民から賄賂を受け取って便宜を図るため効果がなかった。新たに打撃隊を組織した背景には、賄賂による「違法乗車行為」を根絶したい北朝鮮当局の狙いがあると情報筋は指摘する。

「列車保安員は、普段は偉そうにしているが、打撃隊が現れると賄賂をやり取りした乗客を隠そうとあたふたする。打撃隊は、何かと理由をつけて、今までに数十人以上の住民を保安署に連行した」(情報筋)

情報筋によると、打撃隊は2000年代中頃から「首都保衛」を目的として、平壌入りする列車を集中的に検閲してきたが、ここ最近はその活動範囲を国境地帯まで拡大している。

「打撃隊の取り締まりに引っかかると『旅行者集結所(強制労働隊)』に連行され1〜3ヶ月間は、大変な苦労を強いられる」(情報筋)