高校生離れした体力で全国4強

「私は朝鮮総連議長であり(摘発された食品会社の)『東方』とは何の関係もない。日本人が犯罪を犯せば、総理大臣が逮捕されるのか」「今後、朝日関係が悪化することは、全面的に日本政府、当局の責任である」

京都府警などが北朝鮮産マツタケの不正輸入を事件化した26日、在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の許宗萬議長は捜索が行われた自宅前に現れ、マスコミの前で声を荒げた。

Hojonman01
朝鮮総連の許宗萬議長。3月26日朝、都内の自宅前で

かつて朝銀信用組合の人事権を支配し、「北の集金マシン」とも言われる許宗萬氏とは、どのような人物なのか。

「タイプとしては、コワモテですね。独断専行型で、ハッキリ言って組織内でも人気はない」(総連OB)

とはいえ、何ら人間的な力がないとなれば、組織のトップが務まるはずもない。他の元総連幹部は、次のように話す。

「集金力とか権力欲とか、そういう部分では昔の自民党政治家とよく似ているんじゃないですか。ひとことで言って、泥臭い。北朝鮮の幹部にも、自民党タイプはけっこう多いんです。対日担当だった金容淳(キム・ヨンスン)党書記なんかもそうだったけど、彼は周りから好かれるタイプだった。許宗萬氏のことが好きだという人はあまりいないけど、若いころから目立ってはいた。サッカーも上手かったしね」

許氏は実は、東京朝鮮高校に在学中の1955年、全国高校サッカー第33回大会にレギュラーとして出場。ウイングとして活躍し、初出場ベスト4入りに貢献している。

「技巧派ではなかったけど、体力とキック力は高校生離れしていた」(前出・元総連幹部)

総連幹部となってからは、もっぱら日本政界との水面下接触を担当。そこで築いた人脈を武器に、組織の内外で権力を振るったと言われる。

最近になってからは一時、北朝鮮本国を訪問しても金正恩氏の面会が適わないなど権威失墜を思わせる場面もあったが、競売にかけられた総連本部ビル(東京都・千代田区)の継続使用を決めたことで立場を挽回。本国から異例の称賛を受けるまでになったことで今後、日本政府に対して強い姿勢で出る可能性もある。

【関連記事】
テレビでは伝えきれない「朝鮮総連ビル問題」報道のミスリードは北朝鮮を有利にする
なぜか北朝鮮メディアがいち早く報じた「総連摘発」とマツタケ事件
「祖国が変わった」総連議長 不満吐露
金正恩氏が総連議長に誕生日の祝電 「異例ずくめ」で親密ぶりアピール
総連本部とはいったい何なのか(上) 花見客の間で光る警戒の目
総連本部とはいったい何なのか(中) 金正日「就任パーティー」に居並ぶ政界重鎮
総連本部とはいったい何なのか(下) 「別にシンボルではない」と元幹部は語る

    関連記事