韓国統一部所管の脱北者支援財団である「南北ハナ財団(ハナ財団)」の「2014北韓離脱住民実態調査」によると、大邸の脱北者の雇用率は51.3%で全国平均の53.1%より低い。

一方で同じ慶尚道(キョンサンド)の蔚山(ウルサン)市の脱北者定着率は104.9%だ。重工業中心の産業構造で就職先が多いなどの経済的要因があるものと思われる。

しかし、就職難以上に脱北者が大邸を離れる最大の理由として挙げられるのは脱北者に対する大邱市民の「偏見」だ。

脱北者が語る大邸でのつらい経験

大邸在住10年のパク・チンソクさんは「北朝鮮訛りのせいで仲間はずれにされた経験が忘れられない」「脱北者だと言うとあからさまに見下される」などと大邸でのつらい経験を語った。

「『北朝鮮から来たんだからパルゲンイ(アカ)だろ?』と言われたことが心の傷になっている」とスパイ扱いされたことすらあるとパクさんは語った。

ユ・ミニさんは昨年9月、ハナ院(脱北者教育施設)から居住地として大邸が割り当てられた。言われるがままにやってきたものの半年足らずで大邸を去った。

ユさんは「大邸の人はよそ者を中々受け入れてくれない」「訛りで脱北者かどうか確認されるのが大きなストレスだった」と大邸での経験を語った。

    関連記事