シリアのバッシャール・アル=アサド大統領が8日、同国を訪問中の北朝鮮外務省代表団(団長・シン・ホンチョル外務次官)と面談した。朝鮮中央通信が10日に報じた。

シリアは北朝鮮にとって、武器輸出の「大口客」のひとつであり、武装勢力「イスラム国」(IS)の装備の中には、シリア軍から奪った北朝鮮製兵器も多数含まれているとされる。また、シリアは北朝鮮の強力を得て核開発を進めていたが、イスラエル空軍の空爆により原子炉を破壊されている。

【関連記事】アラブ諸国に加勢しイスラエルと戦っていた北朝鮮空軍

一方、ロシア国営ラジオ・ロシアの声も9日付で、アサド大統領とシン・ホチョル外務次官の会談について報じている。それによると、アサド大統領は両国について「国家の尊厳と友人への忠誠心に基づいた高い道徳的信念に忠実である」と指摘。「テロとの戦いにおけるシリアへの支援」に対して、北朝鮮指導部と北朝鮮の国民に感謝の意を表したという。

朝鮮中央通信の報道内容は、次のとおり。

大統領は席上、金日成主席閣下と金正日将軍閣下がハフェズ・アサド閣下と共にもたらした両国間の歴史的な関係は世界に広く知られていると述べた。

また、代表団の今回の訪問は困難を経ているシリア人民に鼓舞になるとし、両国は地理的に遠く離れているが共同の敵である米帝とその追随勢力に反対して屈することなくたたかっていると強調した。

そして、朝鮮人民が反米対決戦で収めている輝かしい勝利は自主権と安定、平和守護のためにたたかっているシリア人民に大きな力になると語った。

続けて、米帝の敵対行為によってシリアと朝鮮間の関係がより堅固になったことに触れ、自分の指導者の周りに固く団結した両国の力を米国と西側は絶対に挫くことができないと確言した。

    関連記事