サイバー攻撃を担当する朝鮮人民軍偵察総局91所の衛星写真
サイバー攻撃を担当する朝鮮人民軍偵察総局91所の衛星写真

卒業後は偵察総局に所属しサイバーテロに従事

1980年代に、北朝鮮のエリート養成機関として設立された平壌第一高等中学校が、今では「サイバー戦士」の養成機関となっていると米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)が伝えた。卒業後は偵察総局に所属しサイバーテロに従事するという。

RFAの内部消息筋は「最近、偵察総局で勤務しているAさんが、休暇で帰省中に『第一高等中学校の卒業生が偵察総局サイバー部隊の主体になっている』と話した」と語った。

この消息筋によると、30代のA氏は90年代末に第一高等中学校を卒業し、秀才で評判だった。卒業後はすぐ朝鮮人民軍に入隊したが、5年後に労働党に入党すると共に、姿を見せなくなった。

実は、その間、彼は大学でコンピュータを学んでいたのだ。そして、数年後に偵察総局のサイバー兵士となって再び現れた。

「偵察総局では、サイバー戦士に対する期待と関心が非常に高い。数年前に韓国のネットワークをダウンさせたが、韓国のテレビ局、新聞社、政府までが混乱に陥ったことを見ながら、上層部はサイバー攻撃が非常に効果的だと考えるようになった」(A氏)

韓国社会が混乱した事件ーーこれは、2013年3月20日に起きた「3.20大乱」と思われる。当時、韓国のKBS、MBC、YTNなどテレビ局、新韓銀行、農協などの金融機関が悪性コードを利用したサイバー攻撃を受けて韓国社会が大混乱に陥った。

この「まばゆい戦果」に、偵察総局指揮部は「わざわざ第一高等中学校を作ったかいがあった」と満足しているとのことだ。

敵国・米韓には何をしても罪の意識を感じない

この平壌第一高等中学校に、入学できるのは優秀な学生で熾烈な試験競争を勝ち抜いた者だけだ。卒業後は、金日成総合大学、国防大学、美林自動化大学など名門校に進学する。

北朝鮮は、米韓の軍事力に対向する非対称戦力の育成のために、第一高等中学校の卒業生を「偵察総局」と「121サイバー部隊」に受け入れてアメリカや韓国政府、国際金融ネットワークをハッキングするサイバー戦士として育てている。

第一高等中学校に詳しい平壌出身の脱北者は、次のように語った。

「北朝鮮では、韓国と米国は何が何でも叩き潰さなければならない不倶戴天の敵だと教えられているため、彼らは他の国に迷惑をかけたり銀行のネットワークに忍び込んで金を盗んだりしても何ら罪の意識を感じない」

【関連記事】銃声なき破壊行動「サイバー攻撃」
「ザ・インタビュー」騒動が継続中 米NSA局長「ハッキングは北朝鮮の仕業」

北朝鮮のIT関連学校/本文とは関係ありません。

北朝鮮のIT関連学校/本文とは関係ありません。