アカデミー賞会場にオバマ氏と正恩氏が突入!?

22日、米カリフォルニア州ハリウッド大通りに突如、アメリカと北朝鮮の指導者が現れ、周囲は騒然となった。一体、どういうことか。

実は、この2人はプロの「そっくりさん」だ。オバマ大統領のそっくりさんはロサンゼルス在住のレジー・ブラウンさん(34)。一方、金正恩氏のそっくりさんは香港在住のハワードさん(36)。

ハワードさんは、これまでも香港のハロウィンコスプレなどに登場。「金正恩氏のそっくりさん」として有名な人物だ。

そんな2人が向かったのはアカデミー賞の会場。なんと「顔パス」で会場に潜入しようとやってきたのだ。ところが、ハリウッド大通りに出るやいなや、写真を撮ろうとする世界中からの観光客に囲まれてしまった。

「レジー(オバマ氏のそっくりさん)は、アメリカ人の観光客の間で大人気だったけど僕は中国人観光客に大人気だったよ。彼のマーケットは北米だけど僕の市場はアジアだね」(正恩氏のそっくりさんハワード氏)

レジーは、観光客の思わぬリアクションに驚きつつも喜んでいた。

「みんな楽しんでくれたみたいで、とても嬉しいね。僕達のことを見ながらハッピーな感じで写真を撮って家族や友だちに見せてたよ」

金正恩氏のそっくりさん「アメリカに死を!」

金正恩氏そっくりさんのハワード氏は香港在住だが、ハリウッドにやってくる旅費1,500ドルをクラウドファンディングで集めたという。

なんと先月はグラミー賞の会場に潜入に成功。シンガー・ソング・ライターのケイティ・ペリーと写真を取ったというのだ。

「ケイティが歩いてきたんで『ケイティ、僕が誰か知ってるかい?』と声をかけたんだ。彼女は真剣で驚いた様子だった。僕が『そっくりさん』って気づいたかどうかはわかんないな」(正恩氏のそっくりさんハワード氏)

ハワード氏(正恩氏のそっくりさん)についてレジー氏は次のように語った。


「ハワードは、面白いやつだよ。自動小銃を持った警官に向かって『アメリカに死を!』って叫んだんだぜ」

金正恩氏のパロディといえば、物議を醸し出した「ザ・インタビュー」が有名だ。その内容や描き方などには、正恩氏に批判的な陣営からも「低俗だ」と評価された。しかし、このように対立しているオバマ氏と正恩氏が、仲良く戯れるパロディなら笑って許せるのではないだろうか。