国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが25日に発表した年次報告書では日本に対して「国際的な人権基準から乖離しつづけている」と批判しているが、北朝鮮については「ほぼすべての人権侵害が組織的に行われている状況」と厳しく批判した。(関連記事

北朝鮮「恣意的な逮捕と拘禁」

同報告書のかなりのページは、司法制度による人権侵害を「恣意的な逮捕と拘禁」というタイトルで詳細に説明されている。

「数十万人が政治犯収容所などの施設に拘禁されたままであり、超法規的処刑と拷問、および殴打と休息や食事なしの強制労働を含む虐待など、組織的かつ広範で深刻な人権侵害を受けた」