連載・日本の対北朝鮮情報力を検証する/外務省編(下)

2012年12月、第2次安倍政権が誕生したことを受けて、外務省高官は日朝協議がいよいよ本格的に動き始めることを予感するとともに、苦い記憶を振り返っていた。

その記憶とは、小泉訪朝に際して日本側と数十回以上にわたり交渉した北朝鮮の「ミスターX」こと柳敬(リュ・ギョン)国家安全保衛部副部長が、2011年2月頃に処刑されたことだ。

この際、外務省は北朝鮮との「秘密ルート」が途切れることを恐れたが、その後、意外な形で復活することになった。

北朝鮮版「ジャパン・スクール」

「キム・ジョンチョル」と名乗る50代男性が杉山晋輔アジア大洋州局長(当時)に“ある男”を紹介したのは、柳敬氏の処刑からしばらく経ってからのことだった。その男は、「国家安全保衛部副部長だった柳敬の後任」と名乗り、第2のミスターXとして、「日朝の秘密連絡を担当する」と申し出たのである。

この時、仲介したキム・ジョンチョルは北朝鮮版の「ジャパン・スクール」出身で、柳敬氏が党国際部、国防委員会と所属が移った後も彼の通訳を担当。代々のアジア大洋州局長と柳敬氏との間でも、連絡役を務めていたという。

元外務省関係者は、当時の状況を振り返った。

「外務省では、彼の名を『金鐘徹(キム・ジョンチョル)』と表記していました。歴代のアジア大洋州局長と彼が水面下で接触していたことは、北東アジア課では公然の秘密だった。ミスターXが誰であるのかは局長しか知らなかったと思います。おそらく、第2のミスターXについても同じでしょう。小泉訪朝に際しては、田中均局長(当時)がミスターXと数十回以上交渉したといわれますが、実際のところ、直接の接触回数はそう多くないはずです。ほとんどの場合、金鐘徹を介して行われていたんですよ」

独裁国家に突かれる「タテ割り」の弱点

キム・ジョンチョルが橋渡しするアジア大洋州局長とミスターXの秘密接触は、日朝や米朝関係が緊張した時期にはあえて連絡を行わないなど、「情勢に影響されず、パイプを維持すること」を目的に継続されてきたという。少数精鋭で対応する外務省にとって、このルートは“頼みの綱”そのものだったのだ。

そんな「秘密ルート」を、日朝間の動きがあるたびに、記者たちは血眼になって探った。北朝鮮と水面下で交渉する外務省高官の動きを逐一追いかけ回していたが、実は、その情報源の多くが公安機関だったという。

「一般の人々は、外務省が内調や警察庁、防衛省などに日朝の協議日程や結果を通知していると思うかも知れませんが、省庁間での情報共有は一切されていないんです。特に水面下での秘密接触については、その事実も含めて完全秘匿される。そのため対北朝鮮インテリジェンスを扱う他省庁は、外務省の動きを“スパイ”しているんですよ」(公安関係者)

こうして日本の各省庁が横のつながりを持たず、互いの状況を“こそこそ”と探り合っている一方で、交渉相手である北朝鮮は独裁国家ゆえ、当然のごとく権限と情報を一点に集約している。「縦割り行政」で外務省と他省庁がバラバラに対応している日本とは、正反対の態勢だ(図参照=クリックで拡大)。

gaimusyou
省庁間のタテ割りで風通しの悪い日本に対し、北朝鮮は情報と権限が集中する仕組みを作っている。

役所間の「調整」と「省益」が重視される日本と、トップの意図がすぐさま現場に反映される北朝鮮。これでは交渉で北朝鮮が主導権を握るのは当然だろう。

この日本のちぐはぐな対応こそが、拉致問題の解決を大きく遅らせている側面もあるのだ。次回からは、公安機関を含めた「日本の対北朝鮮インテリジェンスの実態」をレポートする。(【外務省】編おわり。 【総連捜査の深層】編 …公安が「マツタケ」にこだわる理由とは!? につづく)

(取材・文/ジャーナリスト 三城隆)

【連載】対北情報戦の内幕/外務省編・外事警察編

    関連記事