北朝鮮、中国、ロシア3カ国共同観光地区が建設される国境地帯
北朝鮮、中国、ロシア3カ国共同観光地区が建設される国境地帯/2015年2月13日付吉林新聞より

ノービザ免税地域を開設

豆満江河口の3カ国国境地帯における「豆満江三角州国際観光合作区建設計画」を、関係する朝中露の3カ国が承認したと中国の吉林新聞が13日に報じている。

計画は、3カ国の国境が接する北朝鮮の羅先、中国の防川、ロシアのハサンのそれぞれ10万平方メートルを国際観光合作区とし、ノービザ訪問が可能な免税地域とするものだ。

中国の防川から日本海まではわずか15キロだが、1860年の北京条約で沿海州の領有権と共に日本海への出口をロシアに奪われた。後に航行権は認められたものの、この地域の発展は非常に遅れた状態が続いてきた。

豆満江河口は海とつながっているのみならず、鉄道や港湾などのインフラが整っているため、観光と経済協力の中心地になるポテンシャルを秘めた地域だ。