北朝鮮の労働新聞は15日、金正恩氏が未来科学者通りの建設場を現地指導したことを伝えた。

専用機に乗って建設上を俯瞰する金正恩氏
専用機に乗って建設上を俯瞰する金正恩氏/2015年2月15日付労働新聞より

同紙は、金正恩氏が専用機に乗って建設上を空からふかんした後に現地に出向いて現地指導した様子を伝えた。金正恩氏は、視察のなかで次のように述べた。

未来科学者通りの建設場は1970年代、1980年代の建設場を彷彿(ほうふつ)させる、ここでこんにちの平壌精神、平壌速度が創造されていると大満足した。

このような速度で進めば近い将来に 金日成主席と 金正日総書記の遺訓通り、革命の首都平壌を全世界がうらやむ世界的な都市により立派に一新させられるという確信を持つことになる。

未来科学者通りを現地指導する金正恩氏
未来科学者通りの建設場を現地指導する金正恩氏/2015年2月15日付労働新聞より

金正恩氏は、建設の1段階を今年の太陽節(4月15日の金日成氏誕生日)まで、2段階の建設は10月10日の「朝鮮労働党創立70周年」まで無条件に終えなければならないと指示した。

視察には、朝鮮人民軍の黄炳瑞総政治局長(朝鮮人民軍次帥)、朝鮮労働党中央委員会の韓光相部長が同行した。

    関連記事