中国丹東の税関(左)丹東市内を走る北朝鮮ナンバーのトラック(右)
中国丹東の税関(左)丹東市内を走る北朝鮮ナンバーのトラック(右)

税関は国の輸出入を司る非常に重要な機関だ。日本の税関では職員が休みを取ることはあっても税関そのものが閉まってしまうことはまずない。当然、24時間体制の運営も珍しくない。

ところが、中朝貿易の一大拠点となっている新義州(シニジュ)の税関は光明星節(金正日氏の誕生日)と旧正月に10日間休みになる。

平安北道のデイリーNK内部情報筋は次のように伝えた。

光明星節と旧正月で税関が10日も休業?

「光明星節の2月16日と17日が公式の休日で、それに旧正月の連休がくっついて23日までの大型連休になった」

「税関は北朝鮮と中国の両方の祝日に休みになるので、貿易はもちろんすべての行き来が止まってしまうので、みんな急いで買い物をしている」

「エボラウイルスの流入防止のため統制が厳しくなっているが、連休中に消費する酒や食品類が大量に北朝鮮に持ち込まれている」

「金正日の誕生日より旧正月の方を大切に思っている人が多いので、家族のためのお土産を買う」

大型連休前の中朝国境、税関は大騒ぎ

丹東の内部情報筋は最近の中朝国境の様子を次のように語った。

「最近中朝貿易の量が増えている。祝日を前にして各種工業製品が北朝鮮に大量に輸出されていく。金正日の誕生日の行事に使われる花も大量に輸出される」

「中国からの輸入品を運ぶ税関の車両が到着すると、市場の卸売業者たちが寄ってきて大騒ぎになる」

新義州以外の他の税関の動向は伝えられていないが、物流量で最大を誇る新義州税関の長期休業は、北朝鮮国内での商品流通に大きな影響を与えそうだ。

昨年10月以降、エボラウイルスの流入を防ぐとして外国人観光客の入国を禁止している北朝鮮。国境が開く時期を巡って様々な情報が飛び交っているが、大型連休でその時期もかなり遅れそうだ。

【参考記事】北朝鮮の遅すぎる「エボラ防疫強化」に庶民の間で高まる不満