北朝鮮の建設現場でセメントなどの建築資材が横流しされ、その結果ビルが崩壊するなどの事故が起きている。正恩氏の言葉の裏には、こうした建設現場のモラルハザードに対する警告が含まれているようだ。

また、建設労働を担当する北朝鮮軍(朝鮮人民軍)に対しては、次のように指示した。

人民軍が建設力量をもっと投入して朝鮮労働党創立70周年に当たる意義深い今年、元山市の育児院、愛育園の建設は太陽節( 金日成主席の誕生日)まで、初等学院、中等学院の建設は戦勝節(7月27日)まで終えなければならないとし、すべての建築物を千年責任をもち、万年保証できるように最上の質的水準で建設して孤児たちに立派なよりどころを与えよう。

    関連記事